nogaさんの日記

(Web全体に公開)

2019年
05月10日
22:08

内田樹氏


>日本人にとって自由とは何か? >内田樹氏が表題の記事を書いています。 >自由とは日本人にとってリアリティの無い言葉。> 引用させてもらいます。 >リンク >(以下引用)
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> ■外国から到来した借り物の言葉
> 「自由」という語がlibertyやfreedomの訳語に採択されたのは明治以降ですね。

そうですね。

>それまでも仏教用語としてはあったようですけれど、「やまと言葉」には存在しない言葉だと思います。 >「自由」は手元の古語辞典にも日本語源辞典にもありませんし、僕自身の読書体験を思い起こしても、古典文学で「自由」なんて文字列を見た記憶がありません。 >日本人の生活文化にはまったく根づかない「借り物の言葉」だったんだろうと思います。

そうでしょうね。

> そして、明治に近代日本の語彙に登録されてから150年経ったけれど、未だにこなれた日本語になっていない。 >単語としては存在しているけれど、意味を受肉していない。 

自由 (liberty, freedom) は、アンリアリィティ (非現実・考え・概念) の単語ですから、リアリィティ (現実) の中には存在しませんね。

> (途中略)
> ですから、改めて「自由とは何か?」と問われたら、外国から到来した借り物の言葉で、日本人はその語に今もリアリティを感じることができずにいる、というのが答えになるんじゃないですか。

そうですね。非現実 (考え) の内容は、頭の中にある。それは、見ることができない。ただの話である。話の内容を理解するには、その文章を理解しなくてはならない。だから、人は ‘考える人’ になる。
日本語は、写生画の言語である。現実の内容は、頭の外にある。それは、見ることができる。見ればわかる。考える必要は無い。日本人は、無哲学・能天気のままでいる。

> ヨーロッパの場合だったら、その語が出現してくる歴史的な必然性がある。>古代ギリシャには奴隷と自由民という身分制があったし、中世には自由都市があり、ギルドや組合というものがあった。 >いずれもローマ教皇や神聖ローマ皇帝や国王や地方領主の支配を押し戻して、裁判権や免税権などの特権を確保するための組織です。>さまざまなレベルでの政治権力からの干渉に対峙していた人たちにとって、「自由」というのは具体的で、生活実感にしっかりと根ざした、持ち重りのする言葉だったと思います。

そうですね。ヨーロッパ人の場合は、人もアニマルも家畜同然でしたからね。.自由の身になることが大切なことでしたね。

> (途中略)
> だから、「日本には自由はない」と言っていいと思います。

そうですね。日本には自由は無い。だが、昔から不自由はあった。不自由を常と思えば不足なし。

>勘違いして欲しくないんですけれど、日本には「その代わりになるもの」がある。

>■私は自由人です。凡人ちゃいます
> 日本人にとって、気が楽になるとか、心持ちが落ち着くとか、肩の荷が下りた気がするとかいうのは「自由を達成した」からではないんです。>すべての外的な干渉を退けて、自分の思いの通りのことを実践するということを日本人は本当は望んでいない。>だって、そんなの大変そうだから。
>それよりは、ほっとしたい、気楽でいたい。

そうですね。それは、社畜・家畜の身分ですね。それは、帰属意識を満足させます。

> 集団の中にいると、さまざまな相互に矛盾したり対立したりする要請を調整しなければならないということがあります。

日本人は、矛盾の存在には頓着しませんからね。理を通すことには興味がない。

>それがうまく折り合って、「落としどころ」に話が落ち着いた時に、日本人は解放感と達成感を覚えます。
> 理不尽な要求をされても、身勝手なことを言われても、それでも、あちこち走り回り、あちらの顔も立て、こちらの言い分も通して……というような困難な調整を果たして、もろもろの干渉が相互に相殺されて、一種の「ニュートラル」状態を達成した時に、日本人はなぜか深い満足感を感じる。
>これはどう考えても、ヨーロッパ的な「自由」とは似ても似つかぬものです。
>(途中略)
> だから、日本人はヨーロッパ的な意味での「自由」を求めていないんじゃないかと思います。

そうですね。意思のない人間には、自由も必要ありません。

>だって、日本社会で「私は自由に生きています」とアピールする人は総じて緊張しているから。>でも、おでこに「私は自由人です。凡人ちゃいます」というシールを貼って、こまめに周りの承認を求めようとするなんて、野暮ですよ。

自分に理解のできないことをしゃべっているのですね。

> ユーラシア大陸の辺境に位置する日本列島には、外から次々と新しい集団が到来し、新しい文物が流入しました。 >そして、そのつど対立せず、排除せず、折り合いをつけてきた。

全てを丸のみにしましたね。

「そちらにはそちらのお立場が、こちらにはこちらのメンツが。どうです、一つナカとって……」というのが日本における問題解決のもっとも成熟したマナーでした。

それは、痛み分けですね。足して二で割る解決法ですね。’あるべき姿’ の内容は、必要ありませんね。

> それは正解を得るための方法ではないのです。>いざこざを避けるための作法です。

対症療法に徹していますね。

>原理を貫徹する、信教や思想に殉じるということを日本人はあまり好まない。

そうですね。日本人に、信教・思想は関係ありませんね。信教・思想は非現実 (考え) の内容ですから。

>それよりは非妥協的な対立を折り合わせる調整能力が尊ばれる。

日本人は、調整能力万能ですね。

>■「三方一両損」の生存戦略
> (途中略)>  欧米風というのは、自分のやりたいことを旗幟鮮明に掲げて、そのアジェンダに賛成する人間を登用し、反対する人間は排除するというシンプルなものです。>その方が「話が早い」と人々は信じている。

そうですね。人により意見が違いますからね。

>でも、日本人はちょっと違う。

そうですね。日本人には、意見がない。だから、誰も意見に着目しない。

>「いや~、悪いねえ。どう、今回はちょっと泣いてくれない? いや、悪いようにはしないよ。次には必ず埋め合わせするから」みたいなやりとりのことを「仕事」だと称している。

それは、根回しですか。

>欧米のビジネスマンだったら、「そのどこが仕事なんだよ」と怒り出すでしょうね。> でもそれは、しようがないと思うんです。 >「相容れない立場をなんとか折り合わせる能力」こそが列島住民が生き延びるために優先的に開発してきた資質なんですから。

日本人は、自分の ‘あるべき姿’ を説得に利用することができないのですからね。

>列島住民たちはそういう生存戦略で2000年くらいやってきたわけで、今さら変えろといわれても無理ですよ。> (途中略)> でも、僕はそれが「悪い」と言ってるわけじゃないんですよ。>そういう定型的な生き方をする人たちが求めているものは「自由」ではないと申し上げているだけです。

まったくその通りですね。わが民族の絶えるまでですね。

>たぶん彼らが求めているのは、ある種の「調和」なんだと思います。

なーなー主義ですね。

>「調和」と「自由」とはまったく別物です。

そうですね。意思のない人は調和を求める。意思のある人は自由を求める。

> そして、日本人は「調和」のうちに安らぐことを、ヨーロッパ人が「自由」のうちに安らぐことを求めるのと同じくらい切実に求めているのであって、それはそれで一つの「種族の文化」だと思っているのです。

‘東は東、西は西’ ですね。

> (引用終わり)


.
望遠郷
あんじょう子育てinfo
安城七夕まつり
安城市観光協会
安城市国際交流協会
デンパーク
マーメイドパレス
堀内公園
安城市歴史博物館
丈山苑
桜井凧保存会
安城の三河万歳
不乗森神社
安城まちなか情報館
サルビアスタンプ会
安城市民活動情報サイト
碧海ロコネット放送局
安全安心情報メール
あいち共同利用型施設予約システム
愛知福祉情報ナビ